春の北比良峠から堂満岳2015年05月03日




■目的地:北比良峠・堂満岳(1057m)  <山域:比良>
■日にち:2015年5月3日(日) 
■天気:晴れのち曇り
■同行者:Nさん
■コースタイム:
  イン谷口Ca270m 発(7:50)~大山口(8:15)~ダケ道~カモシカ台(9:10-9:25)~
  北比良峠(11:00-11:40)~シャクナゲ尾根~金糞峠(12:30-12:35)~堂満岳(13:50-14:05)~
  ノタノホリ(16:00)~イン谷口 着(16:50)

 Nさんが比良に行きたいと言う。初めての山なのにいきなり比良か。
若いので体力に期待して、イン谷口で待つこと10分程度。意外に速く到着してくれた。
駐車場はほぼ満車となる。はやる気持ちを抑えこむように見上げる山を雲が覆う。
大山口までは車道、すでに汗がわいてくる。


 ダケ道は昨年も登っているので勝手知ったる道。
Nさんのペースに合わせて登っていくのだが、単独が多い身はついつい忘れて
「ちょっと、ちょっと」と引き留めをくらう。花を楽しみに進む。ミツバツツジは
落花となり、ヤマツツジはまだつぼみ、新緑ばかり。カモシカ台の下あたりから
イワカガミが咲いてきだした。


 昨年はシャクナゲが過ぎていたので、今年は少し早い暦だから会えるのではと楽しみ。
しかし、登れど登れど花は多くない。大きなピンクが遠い先にポツリ、ポツリと見られるのみ。
今年のシャクナゲは裏年という人もいたので、そうなのかなと納得しつつ登る。
足下のイワカガミが岩場に乱舞する頃は見飽きていた。


  ドウダンツツジもまだ早いようである。代わりに白いヨウラクツツジが咲いていた。
平坦な尾根道になり、新緑のまだ薄い林越しに堂満岳や釈迦岳が見える。


 北比良峠ではすでに何人かが寛いでいる様子。白い砂地が曇り空でもまぶしい。
心配していた雲は高みに上がり琵琶湖の眺望が良い。風が少し強くて寒そうなので
コヤマノ岳を望む西側で昼食とする。


 さて、Nさんの調子は全く心配なしのようなのでどこへ行こうか。
八雲ヶ原は近すぎるので、シャクナゲ尾根の手始めに展望台がある前山に登る。
期待した展望がないので、もう少し南へ歩いてみることになる。
アップダウンの少ない良い感じの林が広がっている。ついつい歩が進む。
時々、東の谷の新緑や堂満岳が現れて眺めも良い。

 




 次第にシャクナゲの葉が目立ち、花も咲いている。満開というほどではない。
堂満岳の山頂部が間近になってきた。ぱらりと雨粒が来た。


 金糞峠には10名弱が休憩中。
頭上でコゲラがコンコンと音を立てていた。
雨も来そうだし楽をしたいので青ガレを下りようかとよぎったが、踏みとどまって堂満岳へ。
快適巻き道から木の根が張り出した難路になると、
振り返るコヤマノ岳が薄いガスか霧雨に覆われている。一人ならとっとと下りたくなる状況だが、
二人ではもう少し行ってみようということになる。




 堂満岳の北尾根、こちらもシャクナゲが咲いている。
登りに掴む木の根の先に薄いピンクのトクワカソウが出てきた。すでに花が落ちかけもある。
日差しがないのもあるのだろ。ちょっと残念。
難路から尾根に乗ると良い林に入った。葉の間から蓬莱山がすらりと鎮座して見える。


 偽ピークを2つほど過ぎて山頂着。
地元の方が休憩中、展望アプリで鈴鹿の山なみを教えてもらう。
聞けば比良駅から歩いて大津ワンゲル道、武奈ヶ岳、堂満と来て今から荒川峠とか。強者である。


 下りはかなり急で、ロープの助けもいる。カメラをリュックに入れて下りていく。落石注意。
急坂の下は開放的な新緑の林がまた良い。若いブナあり、岩あり。




 植林脇の平坦な巻き道を過ぎていよいよというか、やっとノタノホリ。静かです。
イモリなのかサンショウウオかわからないが、目をこらすとたくさん水中に浮遊していた。


 下りも休憩を十二分に摂りながら(^^;;歩いているので、沢音も薄暗い谷に響く。植林の中はさらに暗い。
単独なら焦るだろうがなんやかやと話しつつ下りていくと、別荘地が見えてきた。廃屋が多い。
沢に下ってまだかまだかと林を緩く登ればやっとイン谷口。


 残る車は我々以外に1台のみ。誰かがタクシーを呼んだようだがまだ下りていない。
遅いので温泉はパスして湖西道路へ。やはり和邇ICを過ぎたら渋滞の列、真野ICで下り、
R477の細い道だが花脊峠を越えて京北経由で自宅着。8時過ぎ。
 シャクナゲ尾根や堂満岳の新緑に浸ることができて、意外に満足感のある山旅でした。

新緑京都愛宕山2015年05月05日




■目的地:愛宕神社(924m)・917mP電波反射板  <山域:京都北山>
■日にち:2015年5月5日(火)
■天気:晴れ
■同行者:単独
■コースタイム:
  清滝Ca80m 発(7:55)~愛宕表参道~5合目(8:55)~水尾の分れ(9:30)~愛宕神社(10:05)~
  首無地蔵分岐~竜ヶ岳分岐(10:25)~917mP電波反射板(10:50-11:10)~竜ヶ岳分岐(11:40)~
  月輪寺分岐(12:00)~月輪寺(12:20)~空也滝の下(13:00)~清滝 着(13:25)

 十日ほど前に地蔵山に登った。お目当ての黄緑色に鶏冠は少し早く、うぐいす色であった。
新緑黄緑の鶏冠を是非とも見てみたいと思い立って愛宕山に向かう。表参道からは17年ぶり。
車で清滝に行くとしたらということで、越畑から林道のような府道50号経由でアプローチしてみた。
結果、保津峡沿いに離合困難な細い所がいくつもあり少し敬遠。
清滝の駐車場は到着が早かったのでまだ半分ほど空きがあった。祝日は1000円、さすがは観光地。
 




























かねちゃんのホームページへ

このブログについて

かねちゃんのホームページ別館です。

北摂・丹波を中心に
     山行記を掲載しています。

 (現在、このブログでは
    コメント・トラットバックは
       受け付けておりません)

<< 2015/05 >>
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS