篠山渓谷の森公園から大野山2016年12月18日



■目的地:大野山(753.5m)<山域:北摂・兵庫県猪名川町・篠山市>
■2.5万図:福住・木津
■日にち:2016年12月18日(日)
■天気:晴れ
■同行者:単独
■コースタイム:
  篠山渓谷の森公園 発(11:00)~Ca585m尾根(11:35)~山頂(12:00-12:15)~北尾根の猪村ルート~
  Ca520m沢~Ca485m林道分岐(12:55)~林道Ca460m(13:00)~617mPの北西尾根(13:20)~林道Ca460m(13:30)~
  猪村~篠山渓谷の森公園 着(13:45)

 3日前は雪が降るような寒さだったが、土曜の昨日から緩んで今日は青空。
久しく歩いていなかった篠山渓谷の森公園からの大野山へ。


季節はずれのキャンプサイトの中を歩いていく。

登山口の道標から植林に入り、ゲートを開けて閉め直す。薄暗い林に日が射し、上の方は明るい。

落ち葉で道はわかりにくいが、道標や虎ロープは十分すぎるほど。確かに落ち葉で滑りそうな所もある。

高度が上がると706mPの冬枯れが見えてきた。

さらに落ち葉の上を歩いてCa585mの尾根上あたり。北東に弥十郎方面の視界が開けた。

平坦な尾根道がここちいい。

いよいよ706mP方面が近くなった。

Ca635mのコブを巻く。

日陰に雪が残る斜面を少し登れば、切り開かれたピーク。いい感じ。

この寒さの中、上のキャンプ場は10張りほど。星見かな。山頂へもうひと登り。南に北摂の山並み。

山頂から西。白い建物の上のアンテナがなくなっている。

山頂からシドロ大丸方面。

山頂脇の猪村を指す道標から下りる。すぐに踏み跡不鮮明の斜面になる。(山頂を振り返る)

左手(西側)の谷

いよいよ尾根から左の谷に下りてきた。渋くてこれもいい感じ。

心配していた滝もなく歩きやすい足場を選んで下りていく。Ca520mあたりか。

2.5万図を見ながら、谷から林道終点の小尾根寄りに下りる。昼過ぎなのに朝日のような雰囲気。

また植林になってこのあと、若い杉の生え茂る林道跡にたどり着いた。

Ca485m林道分岐で振り返る。右の林道がその先、若い杉の生え茂る林道跡になる。
中央辺りに朽ちた道標や新しいラミネートの札があった。

あとは薄暗い林道を下りていくだけと、ゆらゆら歩いていたら、Ca460mで屈曲する林道の向こうに
明るい雑木林が見えたので、覗いてみた。おお、谷歩きが長かったからもあるがいい斜面。

どんどん引き込まれていくなぁ (^^)

いい、いい。

とうとう尾根に登ってみることに。

617mPの北西尾根。尾根上は明確な踏み跡はなさそう。

斜面の方がいい感じなので戻る。しかしいいところやなぁ。


林道に戻り、ゲートがあった。鍵はなし、開けて閉め直す。

猪村側から617mPの北西尾根を振り返る。掘り出し物でした。(^^)v


秋の比良・釈迦岳2016年11月03日



■目的地:釈迦岳(1060.3m)  <山域:比良>
■日にち:2016年11月03日(木) 
■天気:晴れのち雨
■同行者:単独
■コースタイム:
  イン谷口Ca270m 発(7:30)~神爾谷分岐(7:55)~シャカ駅跡(8:35)~
  ワンゲル道分岐(9:25-9:35)~釈迦岳(9:45-9:55)~カラ岳(10:10)~Ca1020mP(10:25-10:35)~
  北比良峠(11:00)~ダケ道~カモシカ台(11:45)~大山口(12:10)~イン谷口 着(12:30)

 日曜日に引き続いての比良、奥の深谷の黄葉を見てみたい。ついでに釈迦岳から登ってみようか。
少し欲張ったコースになるがどうなることか。
 5時頃目が覚めた。天気は日本海側で小雨とか。風は北風、比良もちょっと微妙。
コンビニでおにぎりを買って名神から湖西道路と順調。イン谷口に7時過ぎに着く。5台。少ない。
準備をしていた間に、少し後に着いた車の人はさっさとワンゲル道へ入っていった。さて、
まだ日射しの入らない谷間の舗装道をゆっくら歩いていく。沢音が大きい。2日前の雨かな。

 舗装道から地道になって荒れた感じ。ダケ道に比べると入山者が少ないのか。
花崗岩の白っぽい石ころが目立つ。


 杉林になってもう過ぎたかと思っていたら、神爾谷分岐を示す道標が現れた。

 薄暗い谷道にやっと朝日が射してきた。

 電柱の並ぶ切り開きから琵琶湖が望める。

 大きな岩の下を過ぎて明るい石垣を横切り、大岩の横を過ぎてゴロゴロな道を登っていく。
杉が少なくなって広葉樹が増えてきた。見上げる先にコンクリの人工物。

 リフトのシャカ駅跡のようだ。谷の方は塀で仕切られている。
少し登ると見下ろせるようになる。向かいに連なる尾根はダケ道で、その向こうが堂満岳東陵。


 カラ岳へのまき道に分かれてそのまま釈迦岳への直登ルート。
杉のうっとうしい林にシャクナゲが出てきて、ブナの森にだんだん変わってきた。


 青空が黄葉を引き立ててくれています。この辺りから歩みは留まり加減となっていくのです (^^)



 ええっ、釈迦岳ってこんなスゴイ山だったん?
思いがけない展開にもうフラフラになりそう。あっちを彷徨い、こっちに戻りつ登ります。




 ワンゲル道と合流。いつか歩いてみたいルートに加わりました(^^)

 あまりのすばらしさに、立ち去りがたくこの雰囲気で小休止。おにぎり一つと野菜ジュース。
堂満岳の眺めを愛でながら。

 さらに黄葉は続きます。

 プチ二重稜線の様になってます。

 あぁ、まだ彷徨いたい。その終演を告げる山頂が近づいてきます。



 木々に覆われた山頂から少し北に行くと、地蔵ヶ峰から釣瓶岳の尾根。

 右に転じると、リトル比良方面と湖北の竹生島。いいなぁ~。

 山頂らかカラ岳へと向かいます。

 気になっていた天気、向こうにに見える武奈は雲の下。カラ岳の電場塔は日射し有るも時間の問題か。

 下りにさしかかってくると、さっきまで黄葉を輝かせた日射しが引いていきます。

 でも、時々射してくれます (^^)

 負け惜しみじゃないが、日射しのない黄葉もまた良いものなのです。

 カラ岳を乗越してもさらに黄葉は続きます。

 堂満岳の向こうに蓬莱山、手前に紅葉、この眺めに大休止。

 おにぎり二つ補給して、さて行きますか。この辺りは錦の森、日が射したり隠れたり。

 平坦道もあります。少し崩壊してます。

 その平坦道を振り返る。
ガリバー旅行村への分岐もこの辺りでした。文字が消えかけた道標あり。

 北比良峠手前から来た方を振り返ります。曇っているので地味ですが、スゴイ黄葉でした。

 先日歩いた小川新道の尾根も見えます。あんななだらかには感じませんでしたが (^^;;

 予定では奥の深谷も巡りたかったのですが、雨もぱらつくし、ブナの方は鉛色の雲なので、
早々にダケ道を下りることにしました。この道の黄葉もまあまあですが、釈迦岳のあれを見てしまったら
もう十分堪能したという感じなります。釈迦岳を見上げてもあそこにあんな秘密があるとはわからないなぁ。

 今から上がる人とも幾人とすれ違いながら、もくもくと下りて大山口。顔を洗ってすっきりします。

 イン谷口駐車地の車について着替えてから、さぁ、帰るかと車を出すと大粒の雨が始まりました。
さっき登っていた人たちはどうしたろうかと思いつつ湖西道路を南下したら仰木辺りで雨は止みました。

秋の比良・小川新道2016年10月30日



■目的地:小川新道・シャクシコバノ頭(1121m)  <山域:比良>
■日にち:2016年10月30日(日) 
■天気:晴れのち曇り
■同行者:単独
■コースタイム:
  イン谷口Ca270m 発(8:00)~大山口(8:20)~青ガレ~金糞峠(9:30)~大橋(10:05)~
  小川新道取付分岐(10:10)~Ca850m肩(9:45-9:55)~シャクシコバノ頭(11:40-12:05)~
  中峠(12:10)~金糞峠(12:50)~青ガレ~大山口~イン谷口 着(14:00)

 1年振りの比良、なぜか気になる小川新道、どんな所か行ってみよう。余力あれば武奈へも。
6時頃目が覚めた。イン谷口に8時前、すでに満車近い。
大山口へ歩くと森林組合の方達だろうか軽トラが多い。ダケ道の尾根は黄葉し始めの感じ。

青ガレへ向かう堰堤脇を何度も上り下り。
前は気づかなかったが、あちこち崩壊の筋がある。確かに落石注意。

大きな堰堤の下で沢を渉るといよいよ大きな岩がごろごろ。少し登った頃、下の方からカラカラと乾いた音、落石。
後から登ってきた人に聞くと道から外れた沢でのことらしい。

青ガレは岩ばかりではない。
枯れ沢の脇の林をかすめる時もあり、きれいなもみじや黄葉が出てくる。
南側は堂満岳の尾根がそびえる。


写真を撮りながらゆっくりマイペースで登る。同じ顔ぶれに抜きつ抜かれつ。

いよいよ金糞峠の青空が見えてきた。

金糞峠を乗り越えて心地よい谷へ下りていく。ヨキトウゲ谷への分岐を過ぎて振り返る。
この辺りは黄葉に少し早い。

奥の深谷、人もいないし朝日もまだ入らないので沢音だけが響く。
沢沿いの薄い踏み跡を辿って歩くと熊が入れるくらいのウロもある。

あまりの寂しさに少し引き返して地図を見る。
そうか、小川新道の取り付きは谷が西に曲がった先になるんだ。もう少し我慢して歩こう。


少し開けて南比良峠分岐。大橋はすぐそこ。

朽ちた感じの大橋小屋。

植林の道をしばらく行くと、道標が見えてきた。

小川新道は杉の中を登る。時々台杉。

ずっと植林を登るかと思ったら、踏み跡は右手にトラバースして枯れかけた小さな沢に遭う。
ここで踏み跡が見あたらない。しばらく探すが沢の上の方に赤テープ。えぇっ、この沢を登るの??
エアリアマップでは実線なのでもう少ししっかりした道かと思ったら、丹波の山とおんなじじゃん。
これは破線道でしょう、久しぶりのヤブ道モードとなる。

沢道は最初石がゴロゴロしているだけでまだ登れたが、だんだん傾斜が出てきた。ロープもある。
尾根の手前では一枚岩の斜面、気を抜いたら転げそう。

やっと尾根に出た。50cmほどの慰霊碑がある。
左手へシャクナゲや杉の茂る登り。大岩も出てくる。すでにこの辺りで方向感覚がおかしくなりかけ。

奥に見えるは鳥谷山かと思ったら、あとで調べると白滝山だったようだ。

行く手にはまだまだピークが覆いかぶさる。汗は出ているも秋の風で冷えたのか腹に少し違和感。
日頃の不摂生で足も少しきつくなってきています。

あのピークの前にまだまだ植林。おにぎり岩も過ぎたのかな。

右手に広い谷が開けて黄葉の先に山影、コヤマノ岳か。(地図を見直すとシャクナゲ尾根のようです)

10mほどではあるが急斜面。数年前なら大丈夫。しかし、体力すり減らして左肩故障の今はちと険しい。

登って振り返ると堂満岳の影。この眺めでなんとか登る元気を絞り出す。

若いブナが出てきた。その落ち葉で小休止。フリースを着こみ、登りはじめに食べようと思っていたサンドイッチをほおばる。
腹の様子も良くなってきた。

杉の木がなくなり、林床に若木もあるブナの森。単独にすれ違う、本日初めての人。
するとまた別の単独に逢う。「やっかいな尾根やねぇ」 でもそれがいいんですよねぇ(^^)

またまた小ピーク。青空が良い。

金糞峠と琵琶湖が見える。

ついさっきまでの植林登りとはうって変わってのすばらしいブナ林。



シャクシコバノ頭に単独、昼食中。
ピークを乗り越すとなんと武奈がお出迎え。

少し行って振り返れば堂満岳。

さらに進むと武奈が開けてきた。

コヤマノ岳も大きい。山腹の黄葉が盛り。

御殿山の上に人、あちらも良い眺めでしょうねぇ。

見て飽きない景色。これでもういいやと、大休止。おにぎりをほおばって黄葉パノラマに酔いしれます。

湖東を見はるかす。鈴鹿もよく見えます。

中峠手前も良い感じです。 (シャクシコバノ頭を振り返る)

中峠からヨキトウゲ谷へ下りて行くも黄葉良い感じ。

もうたまりません (^^)

ヨキトウゲ谷

青ガレを下りてイン谷口。
釈迦岳が覗いています。日を置かずして次はあそこに行くことになるのです (^^)/
小川新道、強烈に擦り込まれました。

かねちゃんのホームページへ

このブログについて

かねちゃんのホームページ別館です。

北摂・丹波を中心に
     山行記を掲載しています。

 (現在、このブログでは
    コメント・トラットバックは
       受け付けておりません)

<< 2016/12
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS