真夏の高代寺と吉川城址2019年08月01日



■目的地:高代寺(Ca435m)・吉川城址(Ca365m)<山域:北摂・大阪府豊能町>
■日にち:2019年08月01日(木)
■天気:晴れ
■同行者:のせでんハイキング (約400名参加)
■コースタイム:
    妙見口駅(8:40)~旧山下道分岐(8:50)~旧山下道~舗装道(9:00)~
    高区配水池(9:15)~高代寺(9:40)~黒川分岐(9:45)~吉川城址(9:55-10:00)~
    吉川八幡神社(10:15)~妙見口駅着(10:30)

 今年は梅雨明けが遅くて7月末、明けた途端、日中35℃前後となる酷暑の日々。
熱中症にならないように屋内冷房でやり過ごすも体は鈍ってくるなぁ。でも、死にたくないならおとなしくしていなさい。
 しかし、やっぱり外に出てみたい。しかししかし、夏の低山はうっとうしい。
ということで、大人数が歩くという「のせでんハイキング」に初めて参加してみました。

 集合時間は8:30-9:00。ゆっくり向かってもいいが、初めてなので始まりの様子も見てみたい。
8:30直前に妙見口駅に着くように出る予定とする。(受付は9時までとなっていました)
ここ数日、朝から30℃を超す酷暑が続いているので、ほんとに実施されるのか疑問でした。
朝起きて能勢電のHPを見てみると、「実施します」とのこと、マジすかぁっって感じ。
 妙見口駅に着くと既に100名近い人出。駅のトイレも行列、並んで済まし、地図を頂く。
既に開会の挨拶は終わったようで、先着の方々から順に出発されていました。



 駅からすぐの三叉路を西の高代寺参道を登る。いきなりの急坂に息が乱れる先達もおられる。
民家の間を抜けて、アメンボの多いため池の先で参道と旧山下道の分かれとなる。
ここからは林の中の日陰の巻道が続く。途中いくつか炭焼き窯跡もある。


 植林から雑木林が多くなってきた頃、舗装道に飛び出した。新光風台の外延部のようだ。
しかし、このハイキングは人が並んで歩くので前の人に着いていけば良いだけ。
加えて要所要所に指導標が張ってある。道迷いの心配はなく、自分のペースで歩けば良い。


 舗装道路が大きく折れ曲がった所でその真ん中から急登の舗装道が上がっている。
高区配水池がある。ここの登りが二度目の大変、日射しも当たる。汗が噴き出す。
みなさん大変そう。太陽光発電設備の上に出てくると道は平坦かつ日陰になって、ひと息つける。




 しばらくは日陰の舗装道がゆるく上り、やがて山頂と高代寺の分岐。妙見山がのぞく。
高代寺はすぐで、ボランティアの方がお寺の由来など解説をされていました。
石段を登って本堂にお参りし、右手の山道へ。ここからは良い感じの雑木林が続きます。
さらに日陰で心地よい。下って少し登り返せば吉川城址。ここでもボランティアの方の解説。



 山道が狭いので順番に下りていきます。途中、大堂越方面を望む切り開きで小休止。
八幡神社の森の中を下りていき、神社に参ります。
手水鉢横の水栓で手ぬぐいを濡らし直して、日射し強くなった妙見参道を駅まで下りていきました。

六甲・魚屋道 ~まだ梅雨2019年07月07日



■目的地:六甲・魚屋道から最高峰
■日にち:2019年7月7日(日)
■天気:曇り
■同行者:単独
■コースタイム:
   有馬ロープウェイ駐車場 発(12:00)~魚屋道~最高峰(13:40)~
   魚屋道~有馬ロープウェイ駐車場 着(14:45)

 暑くなると低山に足が向かないが、運動不足なのでいつもの魚屋道へ。
山道のコアジサイは既に終わっていて、夏の白い花に変わろうとしています。



標高が上がると足下はササが優勢。


最高峰三角点周囲は100名ほどの人。相変わらずの賑わい。展望はあるもののねずみ色の雲の下。
外れの一角でテントを張ったアマ局が、八木アンテナを立てて運用していました。



新緑前の武奈ヶ岳2019年05月04日



■目的地:武奈ヶ岳(1214.4m) <山域:比良・滋賀県大津市>
■日にち:2019年5月4日(土)
■天気:晴れ
■同行者:長男
■アクセス:自宅発(6:00)=新名神=湖西道路=R367=坊村着(7:30)
■コースタイム:
  坊村発(7:45)~Ca695m(8:40-8:45)~夏道・冬道分岐Ca850m(9:05-9:10)~
  御殿山(10:00-10:10)~ワサビ峠~西南稜~武奈ヶ岳山頂(10:50-11:40)~
  御殿山(12:10-12:15)~Ca695m(13:00)~坊村着(13:35)

 今年のGWは改元による10連休。昨日から好天が続くが、高速も渋滞続き。
比良を予定していたが、京都東周辺はいつも朝から混んでいます。
早く起きたのでほとんど影響無しに坊村に到着。道路脇の気温表示は6℃、ってホントかなぁ。

 支度をして明王院登山口へ。朝日の鎌倉山方面も誘っているような新緑です。

 しばらくは植林の急登が続く我慢の歩き。昨年の台風のせいでしょうか、ここも倒木が多く残っています。

 もうすぐ植林から抜け出します。明王院からは標高差300mほど稼いだことになります。

 標高650mを過ぎてくると緩やかになる。振り返っての北山方面。

 標高695mの平坦地。この先がまた急登になるので小休止。周りは新緑がきれい。

 さて、登ります。画像よりも切り立った感じの所もあって、膝の状況によっては下りが少し心配。
 朝日の陰になっていますが、スミレやイカリソウが咲いていて元気をもらった。

 いよいよ明るい尾根にのる。


 新緑に包まれた幸せの明るい尾根歩きが続きます。


夏道は途中から尾根を巻いて小さな谷へ。ここがまた良い感じ。

がんばって登るとニセピークのような冬道分岐の上側に着きました。

あのピークが御殿山か、意外と遠く感じたなぁ。

御殿山に着くと目の前に広がります。

東に振り返ると以前登ったシャクシコバノ頭。

ワサビ峠に下りて、

西南稜へ登り返すと後ろに視界が広がる。手前の御殿山の左に蓬莱山、右は北山の山並み。

シャクシコバノ頭の左に堂満岳と琵琶湖がのぞく。

この開放的な尾根は、いつ歩いても心地良いものですねぇ。

右手(東)にコヤマノ岳が横たわる。

さらに登って南を振り返った眺め。西南稜と北山の南部。

またまたニセピークのようなコヤマノ分岐への分かれの先が目指す山頂です。

いよいよ高度が上がるとコヤマノ岳の左に釈迦岳が顔を出します。

山頂から北にツルベ岳や蛇谷ヶ峰、遙か先には白山もうっすら。

南を見下ろすと口ノ深谷源頭部の先に蓬莱山。

帰りは同じ道ながら、往きに気づかなかったタムシバのなごり。

西南稜、やはりいいなぁ。

振り返れば名残惜しい。

ワサビ峠から御殿山への登り。

御殿山を下りるとこの景色もしばらくおあずけです。

夏道の小さな谷を見下ろす。日射しが変わって登りとは違う雰囲気。

巻道もいい (^^)/

尾根をはずして急坂を下りていく。

急坂を下りた鞍部(Ca695m)が朝とは違う感じでまた良い。

植林の日陰をどんどん下りて明王院着。
膝はなんとか大丈夫のようでした。日帰り温泉で汗を流して帰宅します。

かねちゃんのホームページへ

このブログについて

かねちゃんのホームページ別館です。

北摂・丹波を中心に
     山行記を掲載しています。

 (現在、このブログでは
    コメント・トラットバックは
       受け付けておりません)

<< 2019/08
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS