六甲・魚屋道と縦走路少し2016年05月29日

■目的地:六甲・魚屋道と縦走路少し

■日にち:2016年5月29日(日)

■天気:晴れのち曇り

■同行者:単独

■コースタイム:
   有馬ロープウェイ駐車場 発(9:30)~魚屋道~最高峰(11:15)~縦走路~西おたふく山の西Ca885mP(12:00)~

   縦走路~最高峰横~魚屋道~有馬ロープウェイ駐車場 着(14:15)


 昨日午後の雨が上がって良い天気。
久しぶりの六甲への道、緑が深くなってきた。青空を掃いたように雲がはねる。


 魚屋道は木陰の中、日射しは所々に射す。コガクウツギの白い花が目立つ。
においも悪くはない。コアジサイも咲いていた。もう少し上かと思ったが、
早々と登場して拍子抜け。鳥の声がつづら折れの道に通っていく。

 今日はあんまり足が軽くない。ぼちぼち行こう。
炭屋道分岐でおにぎり休憩にしようかと思ったら、赤ちゃんの授乳中でした。
大きなゆりかごのようなリュック。
それなら東屋でと歩きやすい平坦道を過ごすと、こちらは数名休憩中。
ヤマボウシの写真を撮って少し登る。トンネル跡のベンチでかぶりつく。


 青々とした雑木林を登っていきイヌブナの看板を過ぎたころ
前方に黒い線がちらちらと。長虫さんでした。こんな人通りの多い道を
横断するのは命がけかもしれない。なんだか申し訳ないなと見守りつつも
目を避けながら通り過ぎました。


 下りる人たちと行き交いながら一軒茶屋。かき氷の幟が出ています。
山頂までのコンクリ道もゆらりゆらりと登る。もう青空はなかった。
伐採されて見晴らしの良い縦走路分岐、山頂も遮るものはないが遠くは曇って霞んでいる。

 ヤマツツジが残っているかもしれないなと、少し期待して縦走路を西へ下りていく。
イヌブナの木がだいぶ大きくなって木陰が薄暗い。
ドウダンツツジの落花があったので見上げてみると、まだまだプラリプラリと赤く
かわいい花が咲いている。へぇぇ、こんなとこにも咲くのかと見直した。


 ヤマツツジの丘の道はまだ名残が残っていて、良い感じでした。
若いグループとすれ違ったが、話に夢中でこの花には目もくれていない様子です。
西おたふく山の近くは間伐されていて大阪湾が霞んで見える。景色はいいが
森の雰囲気はなくなってしまったなぁ。また大きくなってくるのを待ちましょう。


 記念碑台のアンテナ鉄塔が見える頃、早くも雨粒がポツポツときた。
極楽茶屋跡までの予定を切り上げて引き返すことにします。ウグイスが間近で鳴く。
来た道を歩くも間伐で景色が違うため、今までとは別の山のようです。
山頂手前で20cmほどのオレンジシマシマの蛇にあいました。
黄色に黒の蝶(図鑑で調べるとキモンガのようです)やモンキアゲハにも会います。


 下りになってやっと元気が出てきた。雨に追われてもあってか足は勝手に動く。
ヤマツツジの紅やモチツツジの桃が緑の道に色を添えます。
あの赤ちゃんはまだ上かなと少し心配していたら、先に東屋で休憩中でした。
下りの時分はさすがに人が多い。この天気なのに今から登ってくる人もぽつりぽつりとすれ違う。


 有馬ロープウェイ駐車場のおじさんに手を挙げてあとにする。
意外と多くの花や鳥と蝶、そして魚屋道では初めての長虫にもあうことのできた歩きでした。


早春・美山豊郷から天狗畑2016年04月10日



■目的地:天狗畑(848.2m) <山域:丹波・南丹市美山町>
■2.5万図:丹波大町・口坂本
■日にち:2016年 4月10日(日)
■天気:曇り
■同行者:単独
■コースタイム:
  豊郷集落北 府道34号 Ca380m 発(9:50)~府道終点 Ca460m(10:15)~645mP(10:50-11:05)~
  天狗畑尾根Ca790m(11:45)~794mP(11:55)~天狗畑(12:20-12:40)~東尾根~794mP(13:00)~
  645mP(13:40)~府道終点 Ca460m(14:05)~豊郷集落北Ca380m 着(14:35)

 先月長老さんに行った後、やっぱりこの辺の山はいいなぁと思った。もっと歩きたい、どこにしようか。
2011年に中津灰に登った時、頭巾山へ続く尾根も歩きたいなと思っていた。天狗畑はその中間点になる。
地図を眺め、過去の先達の山行レポートを参照してルートを探る。山頂前後の尾根にのるためには
急登がある。当初の計画は南に平行する642mPの尾根から上がって645mPの尾根に下りる予定でした。
しかし、現地に着くと崖の高さが尋常でないので、府道終点の645mPの尾根からのピストンになりました。
それでも手足全開の登り下りがあります。さすがは美山の山、手強い。


 上の画像は車を駐めた府道34号 Ca380mから見上げた取り付きに予定していた642mP尾根の東端部分。
駐車地付近はちょうど植林出荷で伐採中の様子、今日は作業が休みで静かな谷間。上空には木材を運ぶワイヤーが
張ってあります。 画像中央部の道は地道になっていて、一般車は通らないように柵がありました。実際に歩いてみたら
落石が多く、さらに先は路肩もゆるそうで通る気にはなれません。


 その次の取付き予定が上の画像のガードレールのある谷。「京都丹波の山 (下) 」で1995年の登り口となっています。
谷を見上げるとかなり急斜面で大岩も多い。当時からは様子が変わったのかもしれない。私の技量では心許ないのでパス。
さらに地道を進みながら取り付けそうな所を探すが険しい。雪の多い所でもあるので斜面が崩れた所もある。
いよいよ林道は支尾根をぐるりと回って何やら施設がありました。雨量観測所です。


 この林道終点からの右奥は岩が張り出していて難儀しそうなので左側のザレた斜面から取り付く。
少し低木がうるさいと思ったらすぐに歩きやすい植林尾根になった。岩が出た先から次第に急になり
捕まる木々もまばらな所は滑らないように気をつけながら登る。カメラはリュックに入れて両手全開モード。



 汗をかきつつ、休みを入れつつ高度を稼ぐと、周りの山々にタムシバの白い点々や山桜の薄桃、
そして紅葉のような若葉が出はじめている。


 左側の植林が雑木に変わると目指す天狗畑の尾根が木々の向こうに見えてきます。


 久しぶりにたっぷり汗をかいて、645mP東の支尾根ピークCa450mにたどり着く。
おにぎりひつと食べて水分補給。


 645mPに向かうと、ここが落ち葉の天国でした。芽吹き前の若いブナ林が緩やかに波うつ夢のような尾根。
東のとんがりがかっこいい。頭巾山に続く853mPだろうか、いいなぁ行ってみたいなぁ。
しばしこの尾根で落ち葉の音に彷徨う。



 うろうろし過ぎて目的の尾根を間違え西に向かっていた。東の方へ修正して少し植林を過ぎたらCa635mの
コブに着く。前方に今から登るべき尾根が屏風のように広がっています。ここがまたタムシバ満開です。
しばし見とれる。


 ゆるい鞍部のを登り返します。アセビのはびこる尾根です。右下の谷からは沢音が聞こえてきます。
張り切って先を急いでいたら、ウエアの右上腕あたりを枝に引っかけてかぎさきを作ってしまいました。


 平らな尾根は徐々に登りとなり、左植林がいよいよ急になっていきます。ここでもカメラをリュックに収め
両手全開モードとなります。この登りは地図でも分かるので想定内でしたが、だんだん足にきます。


 いよいよ尾根が近いですが、残念ながら植林の中です。Ca790mのコブには石柱があり、コンクリの方は「六」。


 ここからは西へ楽しみな尾根歩きとなります。植林が多いものの、所々から開けて遠くの山並みが見えます。



 794mPは疎林の中ですが、小さなテープが多く、目立つ黄黒にP794の手書き。



 歩きやすい植林の鞍部を緩やかに抜けて再び登り。南側のまだ冬枯れな雑木越しに地蔵杉への山並み。



 もう一度鞍部を過ごして再び上り。下草が少し変わってきたのでいよいよ山頂かと思わせるニセピークのすぐ先に
マメサクラが「よう来たね」と迎えてくれます。そのすぐ向こうに三角点が見えました。



 三角点から少し西の方へ行くと、北の綾部側が開けますが霞んでいます。
南の方は木の間に長老さんの電波塔が見えました。登路に予定していた支尾根の新緑も渋いです。



 周回も考えられますが、取り付きがくだんの様子だったので崖に突き当たるとまずいから、おとなしく分かっている
来た道を引き返します。植林尾根は遠景がないもののふかふかで足には心地よいです。


 いよいよ下降点になるCa790mのコブにです。上まで登るのはきついのでトラバースして南の支尾根に行こうかと
疲れに誘惑されそうですが、尾根を間違うと大変なのでコブに登ってコンクリ「六」を確認してから下ります。


 再びカメラはリュックに入れて手袋をして幹につかまりながら下りていきます。


 アセビのうるさい鞍部を過ごしてCa635mのコブを登ると背後に歩いた尾根が覆い被さるようです。


 平坦植林を抜けて落ち葉が出てくると、雑木林の楽園に到着です。しばし休憩。



 645mP東の支尾根ピークCa450mからは、南前方の木々の向こうに谷が広がります。
さて、ここからも気が抜けない下りになるので天国気分を切り替えて手袋を締め直す。


 土の斜面ながらつかまるものがなくて足場に悩む時もあったが、無事に林道終点に到着。
ぐるりと林道が支尾根を回り込むと右上に支尾根ピークCa450mが見えます。


 下山後のぶらぶら林道歩きは良いものです。周りの斜面がいい。最初の登路にしようとした642mP、
ホワホワな山頂にひかれます。



 山桜や苔の道、崖に咲くトクワカソウなどに楽しませてもらいます。厳しい自然との裏返しを感じつつ。




 無事に駐車地に戻りました。ほんと無事だったなぁ (^^)




長老ヶ岳南尾根884mPへ音海から2016年03月21日



目的地:長老ヶ岳南尾根884mP <山域:丹波・南丹市美山町>
■2.5万図:和知
■日にち:2016年 3月21日(月) 
■天気:曇りのち晴れ  午前中の尾根は風あり寒い
■同行者:単独
■コースタイム:
  音海集落南 発(9:15)~林道~546.8mP(10:15)~635mP(10:45-11:00)~
  884mP(11:50-12:00)~882mP東のCa790mP(12:40)~南東尾根~
  577mP~430mP~Ca365m鞍部(13:37)~音海集落南 着(13:45)

 3日前から長老さんに行こうと思い立ち、 2日前は地図を印刷してGoogleのstreet viewで
駐車地も決めてしまうという近年にない力の入れよう。今日はけだるい目覚めだったが
雨戸を開けたら青空が飛び込んで来た。やっぱり山に行こうという気になる。

 南は晴れていても、丹波はまだ曇り、小さな雨粒もぽたり。
音海集落への道は青い鉄橋ですぐに分かった。
駐車地も予定通り。東の谷へ林道が入るので入っていく。
計画では左手の尾根に取り付いて467mPの尾根に登るはずだったが
地形図よりも急斜面なので右手の尾根に変更。比較的ゆるい谷を
詰めていって546.8mPへ。それでも急な登りが続く。


林の先に青空が見えてきてやっとこさ尾根に乗ることが出来た。
546.8mPは疎林の中の静かな三角点です。
さてここからいよいよ尾根づたいに登っていくぞと
気合いを入れていたら東の大野の方から上がってきた作業道に
出合う。時々倒木があるも歩きやすいのでずっと使わせてもらう。
635mPで西側に小広い庭があるので、風を避けて昼食。

752mP西の尾根に上がる所は直登も出来るが、作業道は一旦
東の谷に向かいながらつづら折れで登っている。これは楽です。
さてさて、このあたりから落ち葉の冬枯れ尾根が続きます。
両側に丹波の山並みが見える贅沢な尾根歩き、天国やなぁ。


ふと後ろから鈴の音がしたなと思えば、若い男性単独。
彼もこんな所で人に会うとはと驚いていました。
ジャケットの胸に刺繍で京都府林業大学と書かれていたような、
帰宅して調べると「京都府立林業大学校」が和知駅前にある。
若い素朴な感じの姿にダンノ凡太郎さんを思い出しました。

冬枯れ尾根の中、彼はずんずんと進んでいきました。
私はのらりくらりと落ち葉の上を彷徨います。
884mPは地図をよく見ないとそのまま西に行ってしまいそう。
少し戻ってピーク南側で小休止。

さてここから長老ヶ岳山頂へという案もありましたが
すでに足は疲れているようなので南西に尾根を辿って
下山に掛かろうかと思います。
ここは何度か歩いた所なので勝手知ったる山、と思いきや
その先は岩場が続いていて、疲れた足でバランス崩したらと
ひやひやしながらの尾根歩きとなりました。


下りる予定の尾根を地図と眺めで見極めながら
岩も多い所なので念のためカメラもリュックにしまって
完全ヤブ下りモードとなります。
最初は少し急な下りもあるものの、意外とゆるい下りです。
地図の予習でも分岐尾根の少ない分かりやすい尾根だと
思いましたが、全くその通りでした。
ずっとアセビが多く期待の冬枯れ広場はありません。

左手に登った尾根がだんだん低くなってきたなと思いつつ
最後の鞍部が思いの外、急でした。
峠道を東に下り、予定通りに集落へ出てきました。


かねちゃんのホームページへ

このブログについて

かねちゃんのホームページ別館です。

北摂・丹波を中心に
     山行記を掲載しています。

 (現在、このブログでは
    コメント・トラットバックは
       受け付けておりません)

<< 2016/12
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS