六甲・魚屋道と縦走路少し2016年05月29日

■目的地:六甲・魚屋道と縦走路少し

■日にち:2016年5月29日(日)

■天気:晴れのち曇り

■同行者:単独

■コースタイム:
   有馬ロープウェイ駐車場 発(9:30)~魚屋道~最高峰(11:15)~縦走路~西おたふく山の西Ca885mP(12:00)~

   縦走路~最高峰横~魚屋道~有馬ロープウェイ駐車場 着(14:15)


 昨日午後の雨が上がって良い天気。
久しぶりの六甲への道、緑が深くなってきた。青空を掃いたように雲がはねる。


 魚屋道は木陰の中、日射しは所々に射す。コガクウツギの白い花が目立つ。
においも悪くはない。コアジサイも咲いていた。もう少し上かと思ったが、
早々と登場して拍子抜け。鳥の声がつづら折れの道に通っていく。

 今日はあんまり足が軽くない。ぼちぼち行こう。
炭屋道分岐でおにぎり休憩にしようかと思ったら、赤ちゃんの授乳中でした。
大きなゆりかごのようなリュック。
それなら東屋でと歩きやすい平坦道を過ごすと、こちらは数名休憩中。
ヤマボウシの写真を撮って少し登る。トンネル跡のベンチでかぶりつく。


 青々とした雑木林を登っていきイヌブナの看板を過ぎたころ
前方に黒い線がちらちらと。長虫さんでした。こんな人通りの多い道を
横断するのは命がけかもしれない。なんだか申し訳ないなと見守りつつも
目を避けながら通り過ぎました。


 下りる人たちと行き交いながら一軒茶屋。かき氷の幟が出ています。
山頂までのコンクリ道もゆらりゆらりと登る。もう青空はなかった。
伐採されて見晴らしの良い縦走路分岐、山頂も遮るものはないが遠くは曇って霞んでいる。

 ヤマツツジが残っているかもしれないなと、少し期待して縦走路を西へ下りていく。
イヌブナの木がだいぶ大きくなって木陰が薄暗い。
ドウダンツツジの落花があったので見上げてみると、まだまだプラリプラリと赤く
かわいい花が咲いている。へぇぇ、こんなとこにも咲くのかと見直した。


 ヤマツツジの丘の道はまだ名残が残っていて、良い感じでした。
若いグループとすれ違ったが、話に夢中でこの花には目もくれていない様子です。
西おたふく山の近くは間伐されていて大阪湾が霞んで見える。景色はいいが
森の雰囲気はなくなってしまったなぁ。また大きくなってくるのを待ちましょう。


 記念碑台のアンテナ鉄塔が見える頃、早くも雨粒がポツポツときた。
極楽茶屋跡までの予定を切り上げて引き返すことにします。ウグイスが間近で鳴く。
来た道を歩くも間伐で景色が違うため、今までとは別の山のようです。
山頂手前で20cmほどのオレンジシマシマの蛇にあいました。
黄色に黒の蝶(図鑑で調べるとキモンガのようです)やモンキアゲハにも会います。


 下りになってやっと元気が出てきた。雨に追われてもあってか足は勝手に動く。
ヤマツツジの紅やモチツツジの桃が緑の道に色を添えます。
あの赤ちゃんはまだ上かなと少し心配していたら、先に東屋で休憩中でした。
下りの時分はさすがに人が多い。この天気なのに今から登ってくる人もぽつりぽつりとすれ違う。


 有馬ロープウェイ駐車場のおじさんに手を挙げてあとにする。
意外と多くの花や鳥と蝶、そして魚屋道では初めての長虫にもあうことのできた歩きでした。


かねちゃんのホームページへ

このブログについて

かねちゃんのホームページ別館です。

北摂・丹波を中心に
     山行記を掲載しています。

 (現在、このブログでは
    コメント・トラットバックは
       受け付けておりません)

<< 2016/05 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS